サンライズグループ社会福祉法人 泰清会

0848-61-5788

〒723-0017 広島県三原市港町1丁目3-22

文字サイズ

サンライズマリン瀬戸

ドイツ・カトリック大学との交流会を行いました【マリン瀬戸・保育園合同】

2017年05月09日

5月1日(月)サンライズマリン瀬戸にて、ドイツ・カトリック大学の方々との交流会を行いました。さんさんまりん保育園の園児と一緒に遊んだり、施設職員によるお茶のおもてなしや三線、安来節の演芸など、とても有意義な時間となりました。

年末年始の休業日について

2016年11月29日

夏の風物詩「流しそうめん」を行いました【マリン瀬戸・まりん保育園合同】

2016年08月04日

7月26日(火)サンライズマリン瀬戸にて、夏の風物詩「流しそうめん」を行いました。

今年は天候にも恵まれ、ご利用者の皆さんや園児たちは、「楽しいね、美味しいね」と、とても喜ばれていました。

 

 

夏祭りに参加しました【マリン瀬戸】

2016年07月28日

7月23日(土)西港町町内会の夏祭りに職員が参加しました。

地域の皆様と一緒に、御神輿を担いで港町周辺を巡行しました。

 

介護業界紹介番組にて法人職員が紹介されました

2016年03月03日

福祉・介護現場の魅力を伝えるテレビ番組「君のスピードで~ボクらがつくる未来のカタチ~」(テレビ新広島:広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会)から、定期巡回・随時対応型訪問介護ステーションサンライズ24 の安永介護職員が取材を受け、1月22日に放送されました。後日、撮影当日等についての振り返りや、これからの思いについてお話しを伺いました。 

Q1.取材・撮影を受けて、どんな気持ちでしたか?

最初は、…む無理です!!…と思ったのが本音です。上司に相談して、徐々に介護の仕事を伝えてみたい気持ちに変わりました。
撮影のなかで家族全員出演のシーンがあると聞かされ、妻に相談して断られるかと思いましたが、あっさりOKだった事が一番驚きました。

 

Q2.これからの将来を見据えて、今何を思いますか?

在宅での介護サービスを必要とする高齢者の方が増え続けるなか、定期巡回・随時対応型訪問介護サービスを通じてニーズに応えれる住みやすい地域にしていきたいです。
 現在、三原市内では一事業所しかなく、認知度が低い為、広報活動を行う必要があると思います。
また、地域包括ケアシステムの構築に向けて、しっかり多職種と連携しこれからもご利用者の在宅生活を支えていきたいと思います。

 

Q3.どんな人と、サンライズで一緒に働きたいですか?

明るい笑顔の方!明るい笑顔でご利用者や、職員が明るくなれる様な方と働きたいです。冗談が面白い上司や先輩が多いので、ただただ笑う事で仕事の疲れを癒されてます。

 

「2015三原市民保健・福祉まつり」作品展示を行いました

2015年11月16日

平成27年10月24日(土)~10月25日(日)、三原駅前のサン・シープラザで開催されました「2015三原市民保健・福祉まつり」へ、サンライズグループ各事業所の作品展示を行いました。特別養護老人ホーム、デイサービス、小規模多機能型居宅介護事業所などのご利用者の方々が、リハビリ目的や余暇活動として日々作製された作品を飾る事が出来、とても色鮮やかな展示コーナーとなりました。皆様のご協力、本当にありがとうございました。

サンライズグループの記事が、三原日和に掲載されました

2015年09月01日

 

 三原のタウン誌「三原日和」に、サンライズグループの記事が掲載され「地元ではたらくよろこび」について、サンライズマリン瀬戸[デイサービス] 新舎(しんしゃ)介護職員がインタビューを受けました。後日、三原日和を見ながら再インタビューを行い、当日の気持ちやこれからの思いについてお話しを伺いました。

Q1.三原日和のインタビューを受けて、どんな気持ちでしたか?

 施設長から直々に指名を受けた時は、「何で私が・・・」と正直戸惑いましたし、まさか表紙に大きく掲載されるとは思っていなかったので実際に出来上がった紙面を見て、ビックリしました。家族は驚きながらも喜んでくれたようで、いつ発行されるのかと気にしていました。

インタビューの記事を改めて読んでみると、「気持ちを上手にまとめてくれた」という思いと、(写真が掲載された事で)今まで以上に挨拶をきちんとしていきたいなと思っています。

 

Q2.これからの将来を見据えて、今何を思いますか?

 デイサービスで頑張っていますが、自分の事で一杯いっぱいになる時が多くて、まだまだ求められている事に応えられていない様に感じています。不安な事もありますが、初めから出来ないと断らずに、頼まれた仕事は工夫をしながら出来るように努力していきたいです。

 

Q3.どんな人と、サンライズでいっしょに働きたいですか?

 介護技術や知識も勿論大切ですが、それよりもコミュニケーションが上手で、高齢者の方と関わる事が好きな人と一緒に働きたいです。また、私自身も上司に話しを聞いて貰えて嬉しかったように、仕事は仕事できちんとした上で、プライベートの事でも相談し合える話しやすい人だと嬉しいです。

【マリン】アロマ・ハンドマッサージで、心も身体もリラックス!!

2015年08月28日

(地域密着型特別養護老人ホーム)サンライズマリン瀬戸では、毎月第3水曜日に三原市本町の「アンジェローズ 奥村様」「PISCES 有木様」に、アロマ・ハンドマッサージの施術に来設いただいております。以前は広島市内でボランティアをされていたとの事ですが、地元の施設でも訪問したいとの事で、昨年9月からお越しいただいております。入居者の方からは「気持ちがいいね」「いい香りがするね」と笑顔が見受けられます。また、関節に硬縮がある方の施術後は、緊張が緩み、リラックスされているようです。

【マリン】ドイツ・カトリック大学との交流会を行いました

2015年07月27日

78日(水)サンライズマリン瀬戸にドイツのカトリック大学から14名の方が来設されました。県立広島大学の三原先生のご厚意により今年で3回目の恒例の行事となっています。まず、各フロアを見学されご利用者様と握手をしたり身振り手振りでの会話を楽しまれました。

その後、保育園にて園児と一緒に歌を歌ったり、ダンスをしたりと交流を図って頂きました。園児たちは一生懸命に覚えたドイツ語を披露し、ドイツの方々も喜ばれていました。

ご利用者・園児共に交流を楽しまれ、カトリック大学の方も笑顔で帰られました。

【マリン・大池・港町】特養合同会議を開催しました

2015年07月01日

平成27年6月24日(水)特養・特定施設で勤務する※1、介護職員・看護職員・生活相談員を対象とした特養合同会議を行いました。今回の勉強会テーマは褥瘡予防の一環として「OHスケール※2」について学びました。既にサンライズグループの現場で実践されている手法ですが、理論の学習や測定方法の体験を通して、日々のケアの振り返りの時間としました。今後もケアの質向上のため、勉強会等に励んでいきたいと思います。

 

※1 参加事業所・・・

[地域密着型特別養護老人ホーム サンライズマリン瀬戸]

[特別養護老人ホーム サンライズ大池]

[特定施設入所者生活介護事業所サンライズ港町]

 

※2 OHスケールとは・・・

対象者の4つの状態「自力体位変換の可否」、「病的骨突出の有無」、「浮腫の有無」、「関節拘縮の有無」の項目を評価し点数化することで、「褥瘡発生リスク」等をランク付けし、発生リスクの明確化、適切なケア方法への根拠となります。

1 / 212

トップに戻る